読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Visual Studio のエディタフォントを変えた

Visual Studio

Visual Studio のデフォルトフォントはMSゴシックだ。

使っててあまり不便は感じないが、近頃は高品質なコード用フォントの記事をよく見かけるので導入してみた。

コード用フォント

 

だいぶ前にAdobeからコード用フォントがリリースされた。

 

当時でもかなり話題になったが、最近になって日本語を含め最適化されたフォントがリリースされた模様。

 

設定

GitHubからダウンロードして設定してみた。

ダウンロード先

 

7種類のウェイトが用意されているが、GitHubにも書かれている通り、Windowsの場合はOTFを使用する。

インストールは好みのウェイトを開いて、インストールのボタンをクリックすればOK。

自分の場合はLightを入れてみた。

 

Visual Studio上では、メニューバーの [ツール]→[オプション]→[環境]→[フォントおよび色]を開く。

[設定の表示]を[テキストエディター]にして、フォントを変更する。

OKを押して閉じれば、コード上のフォントが変わっているはず。

 

第一印象は全体的にシュッとした雰囲気になった。

おそらくは日本語の高さ(ベースライン?)が英字と合わせられた為、MSゴシックより小さくなったからか、等幅でなくなったからだと思う。

英字はキチンと等幅なのでコードを見るうえでは特に不便は感じられない。

あまりないとは思うが、日本語変数とか使っている人は割と悲惨だと思う。

個人的には気に入ったのでしばらくこのまま使ってみようと思う。

好みが分かれると思うが、入れるだけ入れてみて戻す事はできるので、話題のものに触れてみるくらいでお試しあれ。