読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

SQL Server Data Tools を使ってみる

PG日報 SQLServer VisualStudio

SQL Server Data Tools は、ざっくばらんに言っちゃうと、VisualStudio で SQL Server の開発・管理する!機能です。

特筆すべき点は、

  • ストアド、ファンクションのソース管理ができる
  • 単体テストを組み込める

あたりかと。

インストール

インストールは、Microsoft Web Platform Installer からします。

VisualStudio2010および2012に対応したバージョンがあります。

使い方

使い方もざっくりと。

  1. SQL Server オブジェクト エクスプローラー でデータベースに接続
  2. 該当のデータベースを右クリして、新しいプロジェクトの作成
  3. 作成すると、データベースプロジェクトが読み込まれる
  4. テーブル定義、ファンクション、ストアドが *.sqlファイルで読み込まれます

スクショが無いとなかなか説明が難しいですが…

実際に開発する時には、LocalDBにもSQLやデータが入ってたほうがいいのですが、自分が試したときには入っていませんでした…

ってことで入れてみようとした手順が以下。

LocalDBへ反映

  1. 該当のデータベースを右クリして、データ層アプリケーションの抽出
  2. 適当なフォルダへ*.dacpacファイルを保存
  3. LocalDBの該当データベースを右クリして、データ層アプリケーションの公開
  4. 保存した*.dacpacファイルを選択して公開

したかったのですが、どうやら該当データベースでFILESTREAMを使っていたのがよろしくなかった模様。

LocalDBはFILESTREAM未対応…orz

ということで、開発作業自体はデータベース直接いじって、スキーマ比較で更新してソース管理って流れかな?

----追記

LocalDBへの反映は、データベースプロジェクトの実行でもいいみたい。

でも、FILESTREAMには対応してないので、結果までは行きませんでした・・・

とりあえず、実行だけしたい!というときは、

プロジェクトのプロパティ → プロジェクトの設定 → データベースの設定 → 操作性のタブ → 既定のFILESTREAM ファイル グループ

上記を空にして、ビルドの通らないFILESTREAMのSQLをコメントにすれば、一応は動きました。

ちょっと強引過ぎる気もするし、最終的には実DBでの検証は必須ですね。