読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

Windows10 TH2のHyper-VでRemoteFXが使えるようになってた件

Journal

何気にこれにはちょっと驚いた。

RemoteFXはホストOSに搭載されているGPUを、ゲストOSにも割り当てできるというもの。

今まではホストがサーバーOSである必要があったり、RDライセンスが欲しかったりでかなり要件が厳しかった。

TH2アップグレード前にHyper-Vの設定をいじってたらおかしくなったので、Surface Pro 2を再セットアップした。

それで色々再設定をしてみていたら発見。

設定してみた

本バージョン以前の仮想マシンでは追加できないと思うので、新しい仮想マシンを作ってみると追加できるようになってるはず。

f:id:fxxk_authority:20160405174904p:plain

設定はこんな感じ。

f:id:fxxk_authority:20160405174905p:plain

解像度は4Kまで出来る模様。

f:id:fxxk_authority:20160405174906p:plain

RemoteFXを入れると仮想マシン接続は出来なくなり、リモートデスクトップのみでの接続となる。

これで仮想マシン上でのゲーミングが捗るんだろうな。

あと近頃はスマホRDPアプリが充実してきてるけどそっちでもどんな挙動か見てみたくなった。

RemoteFX USBリダイレクトも出来るように

気が付かなかったけど、TH2になる前からできてた模様。

参考リンク

RemoteFXビデオアダプターは必須ではない。

それでも条件はいろいろあって、ホストOSはWindows 10 Pro以上、ゲストOSはWindows 10 Enterpriseでなくてはならない。

使うにはポリシーを変えるのと接続時の設定変更だけでいいらしいので意外と楽。

ハンディとかのUSB機器を使う場合には便利になりそう。

OSがWin7で!とか言われたら死亡。