読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PG.Lib

主にUWP、C#に関することやガジェット系

左手用にテンキー買った話 その後

Journal

以前に書いたプログラマブルテンキーを使ってみたその後の話。

しばらく使ってみて

左手ショートカット用にプログラマブルテンキーを購入したが、キーマッピングは初回に適当によく使いそうなのを設定して、その後はあまり変更はしていない。

ヘタに変えると、いちいち見ながらの入力になって慣れるのが遠のくかな?と思ってあえてそうしてる面もある。

マッピング変えてラベルを作るのがメンドクサイというのもある。

 

あと、使っていてなかなか左手がテンキーに伸びない。というのが正直なところ。

慣れだとは思うが「使おう!」としっかり意識しないと使うことがない。

最近机の配置換えをしたので、割とメインのキーボードに寄せて使えるように配置できた。

ある程度は手が伸びやすい環境に近づいたとは思うが、無意識で使えるまではまだまだ時間がかかりそう。

 

不具合

あと不具合的なところで、ある時突然マッピングが消えてしまう。

再起動か何かのタイミングで消えてるっぽい。

設定プログラム上での設定は消えてないので、1つずつ再プログラムしてあげれば復旧できたが、突然効かなくなるのは困る。

 

まとめ

こういうのは馴染むまで時間がかかると思うので、まだまだじっくり使っていこうと思う。

※SurfaceBookのUS配列も慣れだと思うので買ってしまうのも手かと血迷う。